手をさしのべられない

※ この投稿は、2019年6月に投稿した記事の再掲です。

手をさしのべられない
拒否されるのが恐いから

手をさしのべられない
救えないのが恐いから

・・・

「助けて」が言えない
自分が困っているのがわからないから

「欲しい」が言えない
自分の欲しいものがわからないから

そして自分が困っていることに気づいても
やはり「助けて」が言えないのだろう
求めても応えてもらえないのが恐いから

欲しいものがわかっても
やはり「欲しい」が言えないのだろう
求めても手に入れられないのが辛いから

傷つくことを
恐れて
恐れて

僕は僕に、二重にふたをした
求めることを諦めて
さらに何を求めているかもわからなくした

拒絶の上に拒絶を重ねて
何を拒絶したかもわからなくした
それが僕の構造

手をさしのべたいのに
それが僕の望みなのに

恐くて、恐くて
僕は手をさしのべられない

カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。