ハコミセラピー(その3)コーリング

※ この投稿は、2019年8月にFacebookに投稿した記事の再掲です。

(その2からの続き)

デモセッションの後、少し時間が余ったのでミニワークをした。

4人一組となり、1人が目をつむった状態で、他の3人から名前を呼んでもらうというワークだ。

名前は、自分が人生において今まで呼ばれたことのある名前を3~4つ選ぶ。子どもの頃の呼び名とか、友だちから呼ばれるニックネームとか。

僕は、10年近く前、あけみちゃん講座でこのワークをやったことがある。そのときは、子どもの頃の呼び名を選んで呼んでもらうことになっていた。子どもの頃の名前を目をつむった状態で呼ばれると、涙ぐむ人や「もっと呼んで欲しい」と喜ぶ人が続出した。しかし、僕は身体が遠ざかり、「もうそれ以上呼ばないで!」と拒絶反応が出た。他の人とは違う反応だったので、とても印象に残っている。

なので、今回の自分の反応は予測出来たのだが、子どもの頃の呼び名でなくともよいというので、他のニックネームもまぜてみた。

・まさお
・まーちゃん
・まさおちゃん
・キムキム

最初の2つの名前は、親や兄姉から呼ばれていた呼び名だ。あけみちゃん講座のときには、身体が拒絶反応を起こしたが、今回、2番目の「まーちゃん」は、ちょっと嬉しい感じがした。僕の中で過去の体験に変容が起きたのだろうか。

3番目の「まさおちゃん」は、あけみちゃん講座での呼び名。これは中立的だった。嫌でもないけど、良くもないというか。

予想どおりというか、一番嬉しかったのが「キムキム」だ。目をつむっていても、思わず顔がほころぶのがわかった。これは、ビオダンサの仲間達など10年ほど前に知り合った仲間から呼ばれている呼び名。

事情があって消息を絶った大切な仲間がいた。彼女の声が僕の心のアルバムの中で反響する。

(終わり)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。