怒りの子ども(その1)

※ この投稿は、2019年10月にFacebookに投稿した記事の再掲です。

そだねカフェの前日、たまたま、舞衣ちゃん( 石川 舞衣子さん)のセッションを予約してあった。

今日はセッションで扱う自分自身のテーマが見つからず、前回のセッションでのヒーリングの絶大な効果の記憶もあって、なんとなく「今日はヒーリングかな」と思っていた。

セッションが始まるとすぐに舞衣ちゃんが
「身体が疲れてるね。」と言う。

「え?そうなの?この前ほどではないはずだけど・・・。まあ、でも今日はテーマもないからヒーリングかと思っていたからちょうどいいや。」

「うん・・・でもすぐヒーリングに入るのではなくて、少しこんな感じで話をしてからの方がいい気がする。身体はどんな感じ?」

「いやぁ、『身体は』って言われても、この前に比べたら全然まし・・・というか、普通だよ。明日そだねカフェ初開催だから、それでちょっと気にしてるかな。」

「それだ。そのことを感じるとどんな感じ?」

「いやいや、そりゃあ初めてだから多少不安はあるけど、こればっかりはしょうがない、というか、当然のことだし・・・。」

「もっと身体の中を感じてみて。小さな子どもがいるでしょ?」

「インナーチャイルドのことかい?まあ、今はいつでも呼び出せるけど・・・。あれ?どうしていいいか、わからなくて泣いている感じ。」

「そうそう!子どもが何をしたいのか、どうしたいのかもわからず、座り込んで泣いている感じ。それよ!まさおちゃん、ちゃんと身体が感じられるようなったんやね。」

「ほめて頂き、ありがとうございます。あれ~、そうかあ。。。不安ねえ。じゃあ、僕の中の不安をすべてこの子が抱えてこんで、外側の自分には感じさせないようにしてくれているってこと?で、僕はどうすればいいの?」

「その子の姿を感じられるんだよね。じゃあ、まさおちゃんはどうしたい?」

「・・・え~っと、この子、口も利いてくれないからなあ・・・。とにかく、そばにいるようにするよ。・・・あれ?なんだか、首が絞まる。。。。」

そのとき、僕の首に、2本の手がからみついていた。

(その2に続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。